光と影の空間表現_1
光と影の空間表現_1

press to zoom
光と影の空間表現_2
光と影の空間表現_2

press to zoom
光と影の空間表現_3
光と影の空間表現_3

press to zoom
光と影の空間表現_1
光と影の空間表現_1

press to zoom
1/3

正念寺 光と影の空間表現

桜の花吹雪から連想した空間表現。

桜の花びらが風に乗せられヒラヒラと舞い散る様子を「浮遊感」という感覚的な要素として抽出し、立体空間として表現する。

同時に複数の光源から投影される映像は、無数の影をつくり、重なり合う影の距離感により濃淡のある暗がりを生み出す。

正念寺御会式 - 秋の桜祭り –

主催 : 正念寺

空間制作・演出 : akira yamaguchi studio

場所 : 正念寺 松山市神田町

日時 : 2019年11月6日

Seimenji Temple / Light and shadow spatial expression

Spatial expression associated with cherry blossom hanafubuki.

The appearance of cherry blossom petals fluttering in the wind is extracted as a sensuous element called "floating feeling" and expressed as a three-dimensional space.

Images projected from multiple light sources at the same time create innumerable shadows, and the sense of distance between the overlapping shadows creates shades of darkness.

Seimenji Oeshiki-Autumn Cherry Blossom Festival-

Organizer: Seimenji Temple

Space production and direction: akira yamaguchi studio

Location: Seimenji Temple, Kandamachi, Matsuyama City

Date: November 6, 2019